薬剤師の転職に年齢制限はある?転職するなら何歳までが良い?

img15_600_400.jpg

転職市場で引く手数多と言われている薬剤師ですが、実は年齢によって転職の成功率が大きく左右されます。

 そこで今回は、薬剤師の転職に年齢制限はあるのか

また、転職するなら何歳までが良いのかについて詳しく解説していきます。 

 結論からいうと、薬剤師の転職に年齢制限はほとんどありません。

しかし40、50代を境に転職成功率が大きく変わるため、それまでに転職を済ませた方が良いでしょう。

 その年代の転職成功率が何故低いのか。

これは、30代までに比べて転職先の選択肢が狭まることにあります。

薬剤師の働き場所の一つである病院や企業などは、そもそも求人自体が多くありません。

未経験者を歓迎しているところも多く、それはつまり若年層の取り込みを狙っているとも言えます。

  ドラッグストアや調剤薬局などの求人が多くありますが、企業や勤務先によっては勤務時間や給与、昇給などの待遇面で不満が残るかもしれません。 

  即戦力になれる高いスキルを兼ね備えた薬剤師でなければ、この年代で安定した雇用が期待できる職場への転職は難しいでしょう。

img15_200_150.jpg

 そのため、40代になる前には転職しておくことをおすすめします。

薬剤師の平均年収は40、50代でピークを迎えるというデータもあることから、それまでに自分が求める待遇や環境に身を置いておくべきです。 

 薬剤師不足により売り手市場だと言われていますが、この状態がこの先もずっと続くとは限りません。

今の職場に不満があるのならば、選択肢の多い今が転職のチャンスといえるでしょう。

 20代で転職を考える場合、その年齢が転職に響くことはありません。

選択肢が十分にあるため、将来的に目指したいキャリアプランを見据えて転職活動をすると良いでしょう。 

 30代は人生の転機によってキャリアプランを仕切り直したり、キャリアアップを目指したりする方が多いため、最も転職の多い年代です。

 薬剤師としての経験を積んできたこの年代は、薬剤師不足の今だからこそ年収アップを目指すことができます。

転職をお考えの際は企業との交渉を任せられるエージェントを活用するなどして、キャリアを生かした転職を目指しましょう。 

 ここまで、薬剤師の転職と年齢について解説してきました。

薬剤師が不足している今、転職に際しての年齢制限はほとんどありません。 

 しかしどの職種でも同じように、20代や30代の方が選択肢が多く、転職に有利だといえるでしょう。

転職をお考えでしたら、まずは転職サービス等を利用してご自身の選択肢を確認することをおすすめします。


薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」